ひぐち歯科クリニック 天使のヘッタ
ひぐち歯科クリニック
トップページ
無痛治療
口腔外科
審美歯科
口臭外来
予防歯科(3DS)
歯周治療
小児歯科
インプラント
義歯(入れ歯)
訪問診療
カウンセリング
定期健診
保険適用外の治療費
アクセス
院長・スタッフ紹介
あなたへのメッセージ
癒やしの空間
自慢の設備
各コーナー写真
メール予約
質問コーナー
お知らせetc
ロゴマーク ひぐち歯科クリニックトップページへ

>> 院長経歴

更新記録


Q&A


サイトマップ


治療実績


合成界面活性剤の
こわーいお話


当サイトは
リンクフリーです

ひぐち歯科クリニック トップページ  > インプラント > インプラントの危険性 過重負担

インプラントの危険性 過重負担

IMPLANT

これまで歯が欠損していた部分にインプラントの歯が入ると、本来そこにあった歯と同様によく噛めるようになります。インプラントの噛み心地は、義歯などとは比較にならないものです。

しかしながら、インプラントにも無理は禁物です。周囲の歯よりインプラントばかりに強い力がかかり続けると、周囲の骨が溶けてなくなってしまいます。そのためインプラントにかかる力は、周囲の歯と同程度か少し弱い程度に抑えなければならないのです。

天然の歯は年月の経過とともに少しずつ磨り減って(咬耗)短くなり、歯周病が進行すると動揺しますが、インプラントの上部構造として被せたセラミック歯であるメタルボンドクラウンでは天然歯ほど磨り減ることはありません。一方、インプラントは周囲の骨と結合(オッセオインテグレーション)するため動揺することはありませんが、インプラント治療後の歳月により周辺の歯の高さが低くなるため、噛む力がインプラントのみに集中することになります。その状態を放置しておくとインプラント周囲の骨がなくなるため、治療後は数ヶ月おきに噛み合わせのチェックを受ける必要があります。

過剰負担

インプラントに負担がかかり
すぎて、骨吸収が生じている

MENU


↑このページのトップへ戻る

<< ひぐち歯科クリニック トップページへ戻る


ひぐち歯科クリニック トップページ 無痛治療 口腔外科 審美歯科 口臭外来
予防歯科(3DS) 歯周治療 小児歯科 インプラント 義歯(入れ歯)
カウンセリング 定期健診 保険適用外の治療費 アクセス 院長・スタッフ紹介
自慢の設備 各コーナー写真 メール予約 質問コーナー お知らせetc
阪急茨木市駅前 医療法人慶生会
ひぐち歯科クリニック
診療日 月 火 水 木 金 土
診療時間 8:45〜12:30 13:30〜17:00
 最終受付 午前診 12:00 午後診 16:30
〒567-0817 大阪府茨木市別院町3-34サンワビル2F
Tel 072-646-8445
E-mail higuchi@web-know.com
ご質問・お問い合わせ
>>質問コーナー
URL ひぐち歯科クリニックトップページへ 
Copyright 2005 Higuchi Dental Clinic. All Rights Reserved.