ひぐち歯科クリニック 天使のヘッタ
ひぐち歯科クリニック
トップページ
無痛治療
口腔外科
審美歯科
口臭外来
予防歯科(3DS)
歯周治療
小児歯科
インプラント
義歯(入れ歯)
カウンセリング
定期健診
保険適用外の治療費
アクセス
院長・スタッフ紹介
自慢の設備
各コーナー写真
メール予約
質問コーナー
お知らせetc
ロゴマーク ひぐち歯科クリニックトップページへ

>> 院長経歴

更新記録


Q&A


サイトマップ


合成界面活性剤の
こわーいお話


当サイトは
リンクフリーです

ひぐち歯科クリニック トップページ  > インプラント > インプラントの危険性 対合歯のトラブル

インプラントの危険性 対合歯のトラブル

IMPLANT

インプラントを埋入して数か月が経過すると、骨としっかり結合して(オッセオインテグレーション)動かなくなります。そのためよく噛めるようにはなるものの、噛む相手側の歯である「対合歯」にとっては丈夫なインプラントと相対するため、かなりの負担を強いられることになります。大きな虫歯が原因で神経を抜き、被せ物(クラウン)を入れている場合には、噛む力によって歯が割れる(歯根破折)場合があります。また歯周病で歯が動揺している場合にも、噛む力によって歯の周りの骨が溶けて動揺が悪化する場合があります。

そこで、強固なインプラントに対抗するため弱い歯は連結クラウンを装着し、お互いに支え合うようにする場合があります。またインプラントの上にクラウンを被せず、インプラントを支えとする入れ歯(インプラントオーバーデンチャー)を作成するケースもあります。





歯冠破折
歯根破折

被せがが割れる

歯の根が折れる

歯周病進行

歯肉が腫れ歯周病が進行する

MENU


↑このページのトップへ戻る

<< ひぐち歯科クリニック トップページへ戻る


ひぐち歯科クリニック トップページ 無痛治療 口腔外科 審美歯科 口臭外来
予防歯科(3DS) 歯周治療 小児歯科 インプラント 義歯(入れ歯)
カウンセリング 定期健診 保険適用外の治療費 アクセス 院長・スタッフ紹介
自慢の設備 各コーナー写真 メール予約 質問コーナー お知らせetc
阪急茨木市駅前 医療法人慶生会
ひぐち歯科クリニック
診療日 月 火 水 木 金 土
診療時間 8:45〜12:30 13:30〜17:00
 最終受付 午前診 12:00 午後診 16:30
〒567-0817 大阪府茨木市別院町3-34サンワビル2F
Tel 072-646-8445
E-mail higuchi@web-know.com
ご質問・お問い合わせ
>>質問コーナー
URL ひぐち歯科クリニックトップページへ 
Copyright 2005 Higuchi Dental Clinic. All Rights Reserved.