ひぐち歯科クリニック 天使のヘッタ
ひぐち歯科クリニック
トップページ
無痛治療
口腔外科
審美歯科
口臭外来
予防歯科(3DS)
歯周治療
小児歯科
インプラント
義歯(入れ歯)
カウンセリング
定期健診
保険適用外の治療費
アクセス
院長・スタッフ紹介
あなたへのメッセージ
癒やしの空間
自慢の設備
各コーナー写真
メール予約
質問コーナー
お知らせetc
ロゴマーク ひぐち歯科クリニックトップページへ

>> 院長経歴

歯科衛生士募集中
>> 求人情報

更新記録


Q&A


サイトマップ


合成界面活性剤の
こわーいお話


当サイトは
リンクフリーです

ひぐち歯科クリニック トップページ  > インプラント > インプラントの危険性 上顎洞

インプラントの危険性 上顎洞

IMPLANT

インプラントは骨の中に埋入した後、骨と結合して噛む力に耐えられるようになります。そのため、上顎骨の中にある鼻腔や上顎洞などの空洞部分に突き抜けることなく、上顎骨の中に収まる長さのインプラントを選択する必要があります。

インプラント先端部が誤って上顎洞の中に入ってしまうと、上顎洞の内部では細菌や真菌による感染と炎症が生じます。この炎症を上顎洞炎(副鼻腔炎、蓄膿症)といい、鼻水や鼻詰まり、上顎の痛みなどの原因となります。

しかし実際には、上顎の歯槽粘膜と上顎洞は接近しているため、十分な長さのインプラントを埋入できないケースが多くみられます。その場合には、上顎骨を長くする骨造成術で対処する他、上顎洞を上方へ持ち上げる方法(ソケットリフトとサイナスリフト)があります。一方、歯槽部を下方へ伸ばす方法としては垂直的歯槽部増大術があります。

   >> 副鼻腔の詳細はこちらをクリック

   >> 骨造成術の詳細はこちらをクリック

   >> ソケットリフトの詳細はこちらをクリック

   >> サイナスリフトの詳細はこちらをクリック

上顎洞避ける 拡大写真

上顎洞を避けて、インプラントを埋入する

拡大した
パノラマエックス線写真

 

 傾斜埋入の例

   
前方下方に埋入 口蓋側に傾斜

上顎洞の前方下方に傾斜埋入する方法

上顎洞の内則(口蓋側)に
傾斜埋入する方法

MENU


↑このページのトップへ戻る

<< ひぐち歯科クリニック トップページへ戻る


ひぐち歯科クリニック トップページ 無痛治療 口腔外科 審美歯科 口臭外来
予防歯科(3DS) 歯周治療 小児歯科 インプラント 義歯(入れ歯)
カウンセリング 定期健診 保険適用外の治療費 アクセス 院長・スタッフ紹介
自慢の設備 各コーナー写真 メール予約 質問コーナー お知らせetc
阪急茨木市駅前 医療法人慶生会
ひぐち歯科クリニック
診療日 月 火 水 木 金 土
診療時間 8:45〜12:30 13:30〜17:00
 最終受付 午前診 12:00 午後診 16:30
〒567-0817 大阪府茨木市別院町3-34サンワビル2F
Tel 072-646-8445
E-mail higuchi@web-know.com
ご質問・お問い合わせ
>>質問コーナー
URL ひぐち歯科クリニックトップページへ 
Copyright 2005 Higuchi Dental Clinic. All Rights Reserved.