ひぐち歯科クリニック 天使のヘッタ
ひぐち歯科クリニック
トップページ
無痛治療
口腔外科
審美歯科
口臭外来
予防歯科(3DS)
歯周治療
小児歯科
インプラント
義歯(入れ歯)
カウンセリング
定期健診
保険適用外の治療費
アクセス
院長・スタッフ紹介
自慢の設備
各コーナー写真
メール予約
質問コーナー
お知らせetc
ロゴ





無痛バナー

ひぐち歯科クリニック トップページ > 小児歯科 > 削らなくてもよい虫歯

削らなくてもよい虫歯

虫歯のごく初期の段階では歯に穴は開かず、歯の表面を覆っているエナメル質が白くなるだけです。エナメル質の内部で表層化脱灰といわれる空洞が生じる場合もありますが、この段階ではまだ歯を削って治す必要がありません。虫歯の進行をうまく止めることができればこの空洞は自然に塞がり、元の健康な状態に戻ります。つまり虫歯が治るのです。小児歯科削らなくてもよい虫歯

また、虫歯が少し進行してエナメル質に穴が開いてもまだ手遅れではありません。この段階で虫歯の進行を食い止めることができれば穴は広がらないため、虫歯を削らなくてもよいのです。

では、どの程度進行したら虫歯を削って治す必要があるのでしょうか。エナメル質の内部にある象牙質の厚みの1/3を超えて進行した場合には、削って治した方がよいとされています。ただし、1/3以内に収まっていても、場合によっては削って治す必要があります。

虫歯を削る必要があるのは、以下の項目に複数該当する場合です。

  1. 虫歯の穴が目で見て確認できる
  2. 食べかすが詰まったり、しみたりといった自覚症状がある
  3. 見た目が悪い
  4. エックス線写真で象牙質の厚みの1/3を超える虫歯がある
  5. 虫歯のリスクが高い

MENU


↑このページのトップへ戻る

<< 小児歯科へ戻る

<< ひぐち歯科クリニック トップページへ戻る


ひぐち歯科クリニック トップページ 無痛治療 口腔外科 審美歯科 口臭外来
予防歯科(3DS) 歯周治療 小児歯科 インプラント 義歯(入れ歯)
カウンセリング 定期健診 保険適用外の治療費 アクセス 院長・スタッフ紹介
自慢の設備 各コーナー写真 メール予約 質問コーナー お知らせetc
阪急茨木市駅前 医療法人慶生会
ロゴひぐち歯科クリニック
診療日 月 火 水 木 金 土
診療時間 8:45〜12:30 13:30〜17:00
 最終受付 午前診 12:00 午後診 16:30
〒567-0817 大阪府茨木市別院町3-34サンワビル2F
Tel 072-646-8445
E-mail higuchi@web-know.com
ご質問・お問い合わせ
>>質問コーナー
URL ひぐち歯科クリニックトップページへ 
Copyright 2005 Higuchi Dental Clinic. All Rights Reserved.