ひぐち歯科クリニック 天使のヘッタ
ひぐち歯科クリニック
トップページ
無痛治療
口腔外科
審美歯科
口臭外来
予防歯科(3DS)
歯周治療
小児歯科
インプラント
義歯(入れ歯)
カウンセリング
定期健診
保険適用外の治療費
アクセス
院長・スタッフ紹介
自慢の設備
各コーナー写真
メール予約
質問コーナー
お知らせetc
ロゴマーク ひぐち歯科クリニックトップページへ

>> 院長経歴

歯科衛生士募集中
>> 求人情報

更新記録


Q&A


サイトマップ


合成界面活性剤の
こわーいお話


当サイトは
リンクフリーです

ひぐち歯科クリニック トップページ  > インプラント > 抜けた歯を放置すると・・・

抜けた歯を放置すると・・・

IMPLANT

虫歯や歯周病、外傷などで歯を抜かなければならない傾斜・挺出
場や、以前に歯が抜けてしまった場合にはその部分をいかに補うかを考える必要があります。前から6番目の歯をすなわち第1大臼歯がたった1本なくなっただけで、物を噛みこなす能力(咀嚼効率)は半分に減ってしまいます。歯が抜けたままで放置すると前後の歯が倒れて傾いたり、対合歯がのびてきたり(挺出)したりして歯並びやかみ合わせが乱れていきます。その結果、周辺の歯も問題を起こしやすくなり、前歯が抜けた場合は見た目(審美性)が悪いという問題もあります。さらに、発音の際に息が漏れて「サ」行や「タ」行の音が聞き取りにくくなります。

両側の臼歯が何本か抜けたままで放置すると、事態はますます悪化していきます。臼歯が少なくなるとかみ合わせが低くなるという現象が生じます。上下の顎が接近して顔の下半分が若干短くなる現象のことで、「咬合高位の低下」といいます。

咬合高径が低下すると上下の前歯の当たりがきつくなり、歯並びが乱れ出っ歯になります。これは歯にとっては負担の大きい過酷な状態であり、後方の歯から順番に悪くなって抜けていくことが多いのです。

歯が抜けたまま放置すると顎関節や筋肉に負担がかかるため、痛んだり動きが悪くなったりすることもあります。

咬合高径の低下によって・・・
噛み合わせ
出っ歯

前歯部のあたりがきつくなっている

歯並びが乱れ、
出っ歯になっている

MENU


↑このページのトップへ戻る

<< ひぐち歯科クリニック トップページへ戻る


ひぐち歯科クリニック トップページ 無痛治療 口腔外科 審美歯科 口臭外来
予防歯科(3DS) 歯周治療 小児歯科 インプラント 義歯(入れ歯)
カウンセリング 定期健診 保険適用外の治療費 アクセス 院長・スタッフ紹介
自慢の設備 各コーナー写真 メール予約 質問コーナー お知らせetc
阪急茨木市駅前 医療法人慶生会
ひぐち歯科クリニック
診療日 月 火 水 木 金 土
診療時間 8:45〜12:30 13:30〜17:00
 最終受付 午前診 12:00 午後診 16:30
〒567-0817 大阪府茨木市別院町3-34サンワビル2F
Tel 072-646-8445
E-mail higuchi@web-know.com
ご質問・お問い合わせ
>>質問コーナー
URL ひぐち歯科クリニックトップページへ 
Copyright 2005 Higuchi Dental Clinic. All Rights Reserved.