トップページ

ようこそ、山田クリニックのホームページへ

腎臓、尿管、膀胱、前立腺などの泌尿器科、夜尿症など小児泌尿器科の診療を行っています。
最近排尿時の勢いがなくなった、夜中に何度もトイレに起きるなどの排尿障害にお悩みの方も恥ずかしがらずにお気軽にご相談下さい。何か症状改善のお役にたてるかもしれません。
また、かぜや発熱などの一般診療、糖尿病・高血圧等の慢性疾患の管理および胃カメラ(経鼻・経口)・超音波検査も消化器内視鏡専門医・消化器病専門医が行っていますのでお気軽にご来院下さい。

カラダの調子も年齢により変化していきます。
そういえば最近のどが渇く、頭が痛い、そんな症状が糖尿病や高血圧など慢性疾患によるものだったり。何となく胸やけや胃もたれが気になったり…そんな時は逆流性食道炎やピロリ菌に感染していたり。知らない間に結石や嚢胞やポリープができていたり。検査して初めてわかることもあります。
超音波検査は侵襲の少ない検査で、早期に症状の出にくい肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓等の疾患の早期発見に繋がります。定期的に検査することをお勧めします。

あれっ、何か変だな?と感じたらお気軽に御相談下さい。

尿回数が多く我慢できないと感じることはありませんか?いつの間にか下着が汚れて気が付くこともあります。尿もれの原因はたくさんあります。お薬で改善する病気・手術が必要な病気、色々です。
そんな時は一度調べてみてはいかがでしょう。何か症状改善のお手伝いができるかもしれません。

排尿の回数の増加・排尿時の痛み・排尿後の不快感や残尿感などあれば尿検査を受けて下さい。尿に白血球や血が出ているかもしれません。膀胱炎など尿路感染症の可能性があります。症状に応じて尿検査だけではなく、腹部超音波検査で膀胱や腎臓に変化がないか調べることもあります。早めに受診して御相談下さい。

尿の通り道に石ができ尿の通りを悪くすると痛みがおこります。ひどいと痛みだけではなく嘔吐したりすることもあります。背中や脇腹が痛くて、尿の色がいつもと違う時は尿路結石かもしれません。結石の大きさや位置によって治療が変わることもあります。

痛みもないのに尿の色が赤~黒い時などは腫瘍ができているかもしれません。腎臓から尿の通り道に出血があれば原因を調べます。早く見つけて早く治療をすれば心配ありません。

子供から高齢者まで排尿状態も年齢により変化していきます。何か変、いつもと違うなと感じた時はまず尿検査を受けて下さい。心配なければそれでよし、異常があれば治療につなげていきましょう。
お気軽に御相談下さい。


●お知らせ●

  • 年末年始のお休みのお知らせ
    平成30年12月30日(日)~平成31年1月3日(木)まで休診させていただきます。
    ご迷惑おかけしますが何卒宜しくお願いします。

●健康保険について●

  • 受診の際は、必ず健康保険証をご持参ください。
  • 保険証は、毎月1回確認を行いますので、月がかわりましたら必ずご持参ください。
  • 勤務先・住所など変更のときは、受付に必ずお申し出ください。