必須ミネラル(栄養ミネラル)と有害ミネラル

必須ミネラル(栄養ミネラル)と有害ミネラル

体にとって、必要なミネラルがあり、また、有害なミネラルがあります。
必要なものは食事やサプリメントから補給し、有害なものは排泄を促します。
正確なミネラルの過不足を確認するには、毛髪ミネラル分析をする必要があります。
では、ミネラルそれぞれの成分が不足したり、過剰になるとどのようなことが起こるのでしょうか?

全てを網羅するのは不可能ですが、代表的なものを表にしております。
ご参考になさってください。

必須ミネラル(栄養ミネラル)が不足した場合

必須ミネラル
(栄養ミネラル)
働き 不足すると起こる症状
カルシウム 骨や歯の形成や発育に役立ちます。 骨粗鬆症、発育不良、不眠症、喘息、アレルギー性鼻炎等
マグネシウム

酵素の働きを補います。また、カルシウムを助けます。 心筋梗塞、動脈硬化、けいれん、抑うつ症、尿路結石等
カリウム 血圧を下げるのに役立ちます。 心臓発作、便秘、腎不全等
鉄を吸収しやすいように働きます。骨や血管壁の強化を補助します。 貧血、心臓障害、骨の異常、発育不全等
亜鉛 成長・新陳代謝を促進します。また、味覚を正常に保つ働きにもかかわっています。 発育不良、性機能低下、アトピー性皮膚炎傷が治りにくい、味覚障害等
体内の酸素を運ぶ働きをし、貧血の予防に役立ちます。 貧血、食欲不振等
マンガン 骨の形成を促進します。肝臓の酵素作用を活発化させます。免疫にも関与しています。 骨の退化、性機能退化
モリブデン 糖分と脂質の代謝を助けたり、鉄分の利用を助け、貧血を予防します。 貧血、疲労、尿路代謝障害
セレニウム
(セレン)
過酸化脂質を分解する抗酸化作用があり、活性酸素を抑える働きがある。 発ガンのリスク増、筋力低下、白内障
バナジウム 脂質を代謝し、コレステロールの合成の抑制にかかわります。 コレステロールの増加、動脈硬化

有害ミネラルが蓄積した場合

有害ミネラル 多く含まれるもの 蓄積すると起こる症状
アルミニウム アルミ鍋、アルミホイル、歯磨き粉、膨らし粉等 認知障害、食欲不振、全身倦怠、けいれん、骨障害等
カドミウム 喫煙、排気ガス、メッキ工場、ベアリング工場 貧血、高血圧、神経過敏、骨異常、肺気腫等
古い水道管、ガソリン、ヘアダイ、絵の具等 頭痛、不眠、情緒障害、高血圧等
水銀 汚染された魚介類、農薬、化粧品、アマルガム 皮膚炎、うつ状態、歯肉炎、情緒不安定等
ヒ素 殺虫剤、除草剤 皮膚炎皮膚潰瘍手掌足底の角化、全身疲労、手足灼熱感、胃腸障害等
ニッケル 喫煙、マーガリン、メッキされた金属 皮膚炎、無気力、疲労、下痢等

ページのトップに戻る

区切り線
区切り線
index
ニキビについて 毛穴・テカリについて スキンケア&メイクアップ まつ毛育毛剤について

ドクターズサプリメント 脱毛症で悩んでいませんか? ムダ毛にレーザー脱毛 トータルスキンキュアという考え方

悩み一覧

ニキビ・ニキビ痕 眉毛 ホクロ
毛穴・テカリ まつ毛 いぼ
シミ 毛髪 ムダ毛
シワ