ニキビ・ニキビ痕について

ニキビは病気です。
できてしまったニキビは、早めに治療して、ニキビ痕にしないようにしましょう。
しっかり治しておかないと、凹んだニキビ痕になってしまいます。
新しいニキビができない状態を維持すれば、赤黒いニキビ痕は、時間がかかりますが徐々に薄くなります。
しかし、凹んだニキビ痕を治すのがとても難しいのです。
でも、治療によっては、マシにできることはあります。
あきらめて、ストレスを溜め込むと、ますますニキビができ、ニキビ痕になってしまうので、日ごろのスキンケアと体調管理がとても大切です。

ニキビとは

日本人の90パーセント以上が経験する疾患です。
個人差はありますが、こじらすと治りにくい疾患であり、慢性の経過をたどります。
ニキビが治りにくいのは、ニキビの原因が、一つだけではないからです(多因子性といいます)。

にきびの原因

現段階で原因としてほぼ確立しているものとして以下のものが挙げられます。

1.性ホルモンの影響

何らかの理由でホルモンのバランスが崩れたり、男性ホルモンが体の中で優位になると、毛穴から皮脂がたくさん出るようになります。
また、毛穴の角化(毛穴の口の皮膚が分厚くなり、毛穴が閉じてしまう)を促進します。
つまり、毛穴に脂が詰まるわけです。

2.毛穴の角化

毛穴が角化すると、毛穴の口(正確には、毛包漏斗部というところ)が狭くなり、ひどいと穴が閉じてしまいます。
毛包(毛を包む部分、毛穴の中)に皮脂が溜まるのです。
皮脂だけでなく、垢や汚れも溜まります。
結果的に、ニキビは徐々に隆起してきます。
白ニキビ黒ニキビはこの状態です。
皮脂腺の分泌亢進が加わると、なおさら悪化するのです。
毛穴の中には、アクネ桿菌がいます。
アクネ桿菌は毛穴が塞がった状態が好きで、活動性を増し、体からいろいろな物質を出して、炎症を引き起こし、ひどいと膿が溜まってしまいます。
この段階で、赤ニキビになり、さらに悪化するとシコリのようになります。

3.皮脂の分泌亢進

皮脂がたくさん出ると、お肌が脂っぽくなり、汚れが混じりやすくなります。
汚れが混じると毛穴を塞いでしまいます。
毛穴が塞がれると、皮脂が毛包に溜まり出てきません。
アクネ桿菌が悪さをするようになります。

4.アクネ桿菌

これは、常在菌といって、誰の毛包にも存在します。
普段は何の悪さもしないのですが、皮脂が大好きな菌(好脂性)で、しかも嫌気性菌という分類に属します。
嫌気性菌とは、その名のとおり、空気の多いところが得意ではありません。
毛穴が角化して、毛穴が塞がると言うことは、空気が少なく、かつ、皮脂が溜まっていて、えさがたっぷりあるということです。
その結果、活動性が増し、体からいろいろな物質を出して、炎症を引き起こし、ひどいと膿が溜まってしまいます。
この段階で、赤ニキビになり、さらに悪化するとシコリのようになります。

以上より、原因の一つ一つが独立してニキビは発生しているのではなく、4つの原因がお互いに関連しあいながらニキビは生じているのです。

それ以外の原因として、

5.活性酸素

活性酸素は、私たち人間が酸素を吸って生きている限り、ある程度生じる宿命にあるのですが、通常は、防御する機構が体には存在します。
しかし、コンディションを崩したり、ストレスがかかると、防御機構が抑制され、活性酸素が体のあらゆる細胞に障害を引き起こします。
その結果、“なんとなくだるい”、“お肌の調子が悪い”といったことが起こります。
そうです、ニキビができやすい状態になるのです。

治療のポイント(!)は、できるだけ多くの原因に対しての治療を併用するのが効果的といえます。

それぞれの原因に対する治療法を並べてみると、

1.性ホルモンの影響に対しては・・・

ホルモン療法

2.毛穴の角化に対しては・・・

ケミカルピーリング(グリコール酸ピーリングサリチル酸マクロゴールピーリング)、シルクピールトレチノイン、ディフェリン、イオウ製剤等

3.皮脂の分泌亢進に対しては・・・

ケミカルピーリング(グリコール酸ピーリングサリチル酸マクロゴールピーリング)、シルクピールトレチノイン、ディフェリン、イオン導入

4.アクネ桿菌に対しては・・・

抗生剤、過酸化ベンゾイル(BPO)等

5.活性酸素に対しては・・・

オーソモレキュラー療法毛髪ミネラル検査によるオーダーメイドサプリ等

ページのトップに戻る

区切り線
区切り線
index
ニキビについて 毛穴・テカリについて スキンケア&メイクアップ まつ毛育毛剤について

ドクターズサプリメント 脱毛症で悩んでいませんか? ムダ毛にレーザー脱毛 トータルスキンキュアという考え方

悩み一覧

ニキビ・ニキビ痕 眉毛 ホクロ
毛穴・テカリ まつ毛 いぼ
シミ 毛髪 ムダ毛
シワ